ダーデンの死んだ牛の肉ブログ

シドニー生まれの日本男児

「保毛尾田保毛男」批判から見える“とんねるず的なもの”の終幕 ネタからベタへ

ごきげんよう、ダーデンです。

9月28日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』の30周年を祝う特別番組で、番組放送初期のコントに登場した「保毛尾田保毛男」というキャラクターが復活し波紋を広げている。このキャラクターは、青髭で七三分けのヘアスタイル、フェミニンな扇子であおぎながら独特の喋り方をするという"ホモ的"なキャラクターで、ホモなんでしょ?とツッコまれると、あくまでも噂とツッコミ返す芸風が特徴である。このキャラクターが一部の性的マイノリティ、リベラル系言論人などから批判の声が上がり、BPO放送倫理・番組向上機構)に性的マイノリティの差別や偏見を助長するとして抗議文が送り付けられた。そして、フジテレビの宮内正喜新社長が謝罪するにまで至った。

イデオロギー抜きにして、あのキャラクターを見て不快に思う人もいるのは事実だ。不快や気持ち悪いと思うのも思想の自由である。俺もとんねるずも好きではないし、フジテレビも好きではない。だが、一芸人、一バラエティ番組のコントで登場したキャラクターに差別を助長する行為だと過剰に抗議してしまうのは、常軌を逸しているとしか思えない。これはもはやクレームというより、難癖ではなかろうか。彼が男性同性愛者に対して、芸の域を超えて差別発言や人権を損なうことをしたのなら抗議すべきであろう。

「保毛尾田保毛男」は"ホモ的"雰囲気のキャラクターなわけで、30過ぎても独身でいるとホモと疑われてしまうというような世間に対する風刺が込められている。笑いの中でセンシティブな部分を消化している技量のあるネタだと評価できるのではなかろうか。そのキャラクターに対して差別を助長するなどと抗議する連中が持っている差別意識の方が、よっぽど重大な問題である。今では、そのネタさえもタブーとされてしまった。そんな不寛容で息苦しい今の世の中で、あえてこのキャラクターを復活させたことに意味があるのではなかろうか。たとえば、なぜマツコデラックスやIKKOなどの女性性をパロディーした"オネエ"が許容され、なぜ「保毛尾田保毛男」がダメなのか。当事者が当事者をイジるのはよくて、当事者以外はダメなのか。その境界線が俺には理解できない。なぜならそれこそが差別意識だからなのだ。

昔は良かったと言うつもりはない。だが現代社会は底が抜けていると言ってもいい。ポストモダンでは社会がシステム化、つまり、コンビニ・ファミレス的(役割&マニュアル的)なものが人々の共通前提を席巻していくことになる。人々が余計なしがらみから解放されるために選んだ道である。茶の間に家族が集まって一つのテレビを見る。たとえば、そこにエログロ、現代では不適切と思われるシーンが放送されたとしても、子供は親に質問しながらコミュニケーションができた。あえてする戦略的コミュニケーションといってもいいだろう。これは何?どうして見ちゃいけないの?なんでいけないの?と。あえてノイズに触れることによって、ノイズ耐性ができた。だが近代化によって、各個人の部屋が与えられ、子供たちは一人で自分の部屋でテレビやスマートフォンなどの小さい画面を見ることになる。自意識が未成熟のままある種洗脳的に情報をベタに受け取って育つことになる。

 安心・安全・快適・便利なノイズレス環境で育つと、何が危険なのか、何が親しさなのか、何が痛みなのか、などのレッドゾーン、つまり距離感が分からない自意識過剰なヘタレな大人ができあがる。「河童の川流れ」ということわざを、文字通り受け取ると、「泳ぎが得意な河童も川の流れに押し流されてしまうんだなあ」という事実を受け取ることになる。これが「ベタ」である。だが、このことわざには、「その道に通じるプロと呼ばれるような人でも、時に思いがけない失敗するんだなあ」という河童という事実を越えた意味を読み取ることができる。これが「ネタ」である。

つまり、ネタをベタに、いやガチに受け取ってしまうヘタレな大人が現代社会には増えているのである。そういった連中が、あれは差別だー!人権侵害だー!危険だー!などと噴きあがり、ノイズに触れてコミュニケーションをとって距離感を学習する前にシャットアウトされる。有害と思われるメディアはダメ、箱ブランコもダメ、ジャングルジムも危ないからダメ、川、道路も危ないからガードレールをつけないとダメ、といった具合にだ。そして、むき出しのまま社会という荒野に放り出される。まともじゃなくても社会が回るようにする監視下や快不快に反応するだけの動物的な制御、つまり、人間がどんどん入れ替え可能な動物に近づくのである。

LGBT」というフラットなカテゴリーで性的マイノリティを一括りにして、今回の「保毛尾田保毛男」に対する抗議を性的マイノリティの総意と思っていただきたくない。マスコミもそういう報道はやめてもらいたい。さまざまな性的マイノリティが存在している。そのさまざまな性的マイノリティ各個人によって制度に対するそれぞれの反応、感情と正義のどちらに対してどれだけ反応するのかというのはまったく違う。考えはひとそれぞれである。だが、自分の首を自分で絞めるような行動は慎まなければいけない。性的マイノリティだけが特権的地位を得て、その他の思想や感情、表現は罪なんて社会にしてはいけない。

両性を平等に扱えとか単にフェアネスが重要だという立場の人ばかりが、ゲイやレズだということはありえない。感情と正しさは両方大事だけど、正しさばかりバカみたいに主張すればバックラッシュは必ず起こる。まさに全体主義の誤謬に陥るLGBTファシズムではないのかね。性愛の幸不幸が社会にあるのか、人にあるのかの分岐点はとても大切なのである。

性的マイノリティの性愛の幸不幸があたかもすべて社会の不正義、不平等、制度の不備、偏見に由来しているかのように勘違いしている連中がたくさんいる。性的マイノリティではなくても、性愛に不幸な人はいる。つまり、性愛の幸不幸が制度に依存する部分はごく一部に過ぎない。制度的に社会の眼差しが偏見に満ちているから、自分たちの性愛が実現できないと考えるのは完全に間違いである。

人間が性愛的に幸せになるというのは、社会の制度という単なるシステムの次元に還元できない感情の働きや、相手に対する同感能力に関係する。そういった能力を欠いたまま、感情を劣化させたままに社会の制度を変えても、どんなに正義と平等に満ちた社会であっても、人々は性愛的に幸せになることはできない。「俺は同性愛者は嫌いだけど、同性愛者が本当の意味で『差別』される社会はおかしいよね」といったように、実存の問題と社会がどうあるべきかという社会的構成の問題を切り離して考えることができる人間が、メディアや社会に必要なのだ。全員が「やっぱり『LGBT』すきだよ」みたいな人が増えないと性的マイノリティに対して寛容にならないというのは不可能なのである。

「常識」を支える共通前提と、それを支えてきた生活世界を、コンビニ・ファミレス的(役割&マニュアル的)なものによって空洞化させてしまった以上、そうした成育環境で育ったがゆえに共通前提によって愚昧な行動を制約されない人たちが増えるのは仕方がない。問題は、ギャーギャー声が目立つだけの少数者=ラウド・マイノリティに振り回される社会の側にある。彼らの言うことを真に受けて聞くメカニズムがあるから、浅ましい連中が跋扈することになる。

ラウド・マイノリティの言うことを聞いてあげることと、真に受けることは、まったくの別問題である。ラウド・マイノリティの言うことを直ちに真に受けることは、メディアの自殺行為に等しい。なぜなら、ラウド・マイノリティからの圧力と批判にびくびくすることは、反民主的・反平等的であるという構造において同じだからである。サイレント・マジョリティを、声なきがゆえに見殺しにするような振る舞いは、よほどのことがない限りは、回避しなければならない。

多様性や寛容を求めるラウド・マイノリティによって、この社会がどんどん不寛容で反多様性になっていく。同性愛者も異性愛者も性愛の相手を同性か異性で区別している。それは差別ではない。「差別」と「区別」を混同しているのだ。差別と騒ぐやつほど排他的で、規制と騒ぐやつほど下品で、平和と騒ぐやつほど好戦的である。その逆説に敏感でなくてはならない。そして、それを自覚するところから始めなければならない。息苦しい社会は誰も望んでいないはずだ。

「黄色い肌であることを嘆いたら、おまえ自身が黄色い肌を差別したことになる」